第9回複合先端研究機構(OCARINA)国際シンポジウムを開催

去る3月6日(火)、7日(水)に、本学学術情報総合センター10階大会議室において、第9回OCARINA国際シンポジウムを開催しました。これは、複合先端研究機構(OCARINA)の年次総会を兼ねた国際集会です。
今年度は、OCARINAで進行中の7つのプロジェクト研究の中から計10名の先生方による研究成果報告に加えて、国内の大学、企業、研究所から様々な分野の研究者5名による招待講演が行われました。さらに「クライオ電子顕微鏡を用いた構造生物学」と「触媒」に関するミニシンポジウム を併設し、世界的に活躍中の外国人研究者3名による特別講演を行いました。

恒例のポスターセッションには61題の参加があり、1分間の英語スピーチに続いてのポスター発表では活発な議論が繰り広げられました。ポスター賞審査希望者54題から、審査員の評価とシンポジウム参加者の投票より18題が選出され、さらにその中から学長賞、機構長賞、人工光合成研究センター所長賞という3つの特別賞が選ばれ、機構長より賞状が授与されました。
 非常に学術的レベルの高い内容のご講演がある一方で、企業開発の先駆者からのご講演や、大阪市の巨大プロジェクトにかかる進捗など多岐に渡るご講演がありました。

学内外の研究者及び企業からの参加者は総勢151名にのぼり、盛会のうちに終了しました。

集合写真
シンポジウム後の集合写真

集合写真
開会のごあいさつ/荒川 哲男(大阪市立大学・学長兼理事長)
集合写真
菅原 桂 氏(株式会社 ジャパンティッシュ・エンジニアリング・再生医療事業(軟骨領域)首席、自家培養軟骨ジャック プロダクトマネージャー)
集合写真
イリエシュ ラウレアン准教授 (東京大学理学研究科)
集合写真
Xing Yi LING准教授 (南洋理工大学)
集合写真
ポスター発表者によるショートプレゼンテーション
集合写真
ポスター発表

集合写真
ポスター発表にて/Pu QIAN氏(シェフィールド大学・研究員)
集合写真
学長賞を受賞した松本 優さん(右)と宮野機構長(左)

ポスター賞受賞者リスト


President of OCU Award P56 Matsumoto, U Structure of P1 adhesin, the leg for infection of Mycoplasma pneumoniae, as novel sialic acid receptor
Director of OCARINA Award P3 Morimoto, Kohei Photoswiching of Birefringence of Diarylethene Single Crystals by Photochromic Reaction
Director of ReCAP Award P58 Tahara, Yuhei Approach to biological specimens and material observation using Quick-Freeze and Deep-Etch (QFDE) replica microscopy

前のページへ


Go
to
TOP