サイエンスカフェ
色が変わる!光る!!光合成の反応を目で見よう
〜光合成から人工光合成ヘ〜

ガラスの葉
人工的に作ったガラスの葉

光合成は、太陽光のエネルギーで水と二酸化炭素を糖と酸素に高効率に変換しています。この反応を可能にしているのは、たったの20 nm(l nmは10億分の1メートル)のタンパク質です。
本セミナーでは、葉の中で光がどのように捉えられ、反応が開始するのかを説明します。
また、この原理をどのように応用して、人工的に光合成反応を達成し、太陽光エネルギーを人が使えるエネルギーに変換していくのかを簡単な実験と講義でやさしく解説します。


講師

野地智康先生
大阪市立大学複合先端研究機構 特任講師

日時

2017年1月21日(土)14:00-16:00

場所

大阪市立大学理系学舎(理学部・複合先端研)A305室
大阪府大阪市住吉区杉本3-3-138

お申込み・お問合せ

対 象 中・高校生
定 員 20名(先着)
参加費 無料
お申込み・お問合せ 定員に達しましたので、申込は締め切りました。
Fax:06-6605-3636 電話:06-6605-3111

最寄り駅からの経路

map

JR阪和線「杉本町(大阪市立大学前)駅」下車、東口徒歩約5分
地下鉄御堂筋線「あびこ駅」下車、4号出口より南西へ徒歩約15分

最寄駅への経路、所要時間

railmap

関西国際空港から:
R関空快速 (堺市駅で各停に乗換) 、約1時間

新大阪から:
JRもしくは地下鉄御堂筋線、約1時間

大阪(伊丹)空港から:
あべの橋行きリムジンバスにて、あべの橋下車。JR天王寺駅より阪和線(普通)で杉本町へ。

世話人

藤井律子(複合先端研究機構准教授)

主催

大阪市立大学複合先端研究機構


Go
to
TOP

大阪市立大学のHPへ